2009年05月26日

「白夜行」

日曜日からTBSで「白夜行」の再放送が始まりましたTV

これは2006年の冬に放送されていました。

東野圭吾の原作も読みましたが、僕的には「傑作」なのですぴかぴか(新しい)
ドラマ版は原作ファンなどから賛否両論(否の方が多いかも)だったし、ちょっと作風も「暗い」ので視聴率もイマイチでした。

原作では主人公(雪穂と亮司)の心理描写や二人の行動がほとんど書かれていないのでドラマ化は難しい作品なのですが、逆に原作に書かれていない部分を中心に進めているので、ドラマとして上手く成立させていると思います。

「雪穂はあんな性格ではない」という意見が多いのですが、原作ではその辺についてはまるで書かれていないので、ドラマの雪穂の解釈も「アリ」だと思うのです。

息絶えた亮司に背を向けて歩き去るシーンがありますが、もしかしたらドラマみたいに泣いていたかもしれない。
その辺は受け取り方の違いだと思うのです。

最後まで見続けると、制作者が「白夜行」という作品に対してとてもリスペクトしているのが感じられます。


とにかく少女時代の雪穂役の福田麻由子が素晴らしい!
第1話は福田麻由子の独壇場で、その演技の上手さから、とにかく「濃い」のです。
2話から登場する綾瀬はるかがかわいそうなくらいなのです。


難点は、亮司役の山田孝之と松浦役の渡部篤郎が「ボソボソ」と話すのでセリフが聞き取りにくいことと、武田鉄矢の関西弁が…(笑)


第10話が特に秀逸で、全ての点(事件)がつながった時はものすごく面白かったです。
この話で、なぜ武田鉄矢を起用したかがわかります。
まるで金八先生なので(笑)


ドラマとしての出来は良かったのに視聴率がふるわなかったので、同じ
東野圭吾原作の「流星の絆」をドラマ化した時はクドカン脚本で明るくしようと思ったのでしょう。

確かに視聴率は良かったのですが、ドラマとしての出来は…バッド(下向き矢印)でした。
OPの嵐の歌を聞いただけで見る気が半減しました(笑)


今日も再放送を携帯で録画して帰りの電車内で見ようっとるんるん


↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログへ

人気ブログランキングへ




posted by サスケ at 14:52| 東京 ☁| Comment(2) | TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ〜
福田麻由子を初めて見たのはNTVの女王の教室でした
主演の志田未来より「進藤さん」の存在感は
眼をみはる物がありました
クールで大人びた役でしたが見事に演じていました
それから「あ、進藤さんまた出てる〜」と
しょっちゅうテレビで見るようになりました
きっといい女優さんになるんでしょうねこれから
Posted by maverick at 2009年05月27日 01:29
maverickさん、ども!

福田麻由子はホントに存在感がありますよね。
神木隆之介と共演した「Little DJ 小さな恋の物語」はおススメです。

将来が楽しみな女優です。

Posted by サスケ at 2009年05月27日 09:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。