2012年10月26日

バッテリー交換

子供たちが小学校に入学してから、相方が乗る機会の多くなったリード100。

…が、さすがにあちこち傷んできましたたらーっ(汗)

CIMG5809.JPG

さらに最近になってバッテリ-が弱って、エンジンがかからないことが多くなりました。
そんな時には僕はキックでエンジンをかけますが、相方はコツがつかめないのでイヤみたいで(^_^;)

…その昔、相方はSRX600に憧れていましたが、キックのみの始動だったので買えなかったのですたらーっ(汗)


SRX600.jpg

SRXって今見てもカッコいいなぁ揺れるハート
あれ?この画像はネットで拾ってきましたが、何だか雰囲気が違うぞ…。
シートが違うし、グラブバーが付いてるし、リアフェンダーが長い…ってことは、輸出仕様でしょうか?

で、1990年にセル付きとなったのを機に買い替えたのです。
新車で買って、同時に外装を400のみにしか設定されていなかったグリーンに総取替えするオマケ付きで(笑)

…閑話休題。


相方からバッテリーを換えてほしいという命令が下ったので(笑)ライコまで買いに行きました。
…9月最後の日曜日の話です(^_^;)

CIMG5810.JPG

ヤフオクで安価な中華バッテリーを買っても良かったけど、出費するのは僕の財布ではないので(笑)ライコで買うことにしたのです。

一番安いバッテリーを買いましたが、最近は電解液は付属しないんですか?
僕は自分で電解液を注入して、ボ〜っと待っている時間が好きなんですけど(笑)

お店の方で電解液を注入するので30分近く待たされてしまいました(-_-;)
しかし、ライコで30分も時間つぶしをすると物欲がムクムクと大変なことになっちゃうんですが(笑)

家に帰ってから、さっそく交換です。

CIMG5813.JPG

買ったのは、このバッテリーです。

CIMG5812.JPG

前にメーターケーブルを交換した時にバッテリーの位置を確認したので、まずはフロントパネルを外すのですが…たらーっ(汗)

CIMG5815.JPG


フロントパネルを止めているネジが外れない?あせあせ(飛び散る汗)
いくら回してもクルクルと空転しているみたいです。

どうやら、パネルに埋め込んであるナットが共回りしているみたいで…ふらふら
ネジを外さなくても何とかパネルを浮かせてバッテリーにアクセスすることができたので、このまま作業することにしました。

CIMG5814.JPG

それでもバッテリーの端子のネジを外すのにドライバーが入らないので…

CIMG5816.JPG

パネルのネジ穴からドライバーを通して外しました(笑)

新旧の比較です。

CIMG5817.JPG

たぶん一度も交換したことが無いんでしょうね。
今にも朽ち果てそうな感じです(笑)

そして新しいバッテリーに交換して…終了ぴかぴか(新しい)


CIMG5818.JPG

何と、フロントパネルを戻す時にちゃんと外れた方のネジもおかしくなっちゃって…たらーっ(汗)
裏側のネジは両側が上手く止まっていない状態ですバッド(下向き矢印)

こうなると、今度はパネルを破壊するしか開ける方法が無くなりましたもうやだ〜(悲しい顔)

CIMG5819.JPG

実はスクーターの買い替えを考えていました。
ちょっと前の記事でバイク屋めぐりを再開したっていうのは、実はスクーターの調査だったのです。

シートはボロボロだし、タイヤも前後とも交換しなきゃならないし、そろそろメカ的にも怪しくなってきたってことで、相方からもGOサインが出ていたんですけど…。

その後にあれこれと家の家電製品が壊れて出費が重なったことで、スクーターの買い替えの予算が無くなってしまって立ち消えとなったのですもうやだ〜(悲しい顔)

もうちょっとリード号に頑張ってもらわなければいけないことになりました。
今までメンテナンスフリーで乗っていたことを反省して(笑)少しづつ手をかけてあげようと思っています。


↓ ポチっとしてくれると嬉しいです。


にほんブログ村 バイクブログへ


にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ


人気ブログランキングへ




banner2_234x60.jpg


posted by サスケ at 17:22| 東京 ☀| Comment(4) | リード100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リード100の画像を検索中、ヒットしましたので足跡を(笑

バッテリーの電解液は数年前の通達で、基本的に注入販売になりました。
通達の理由は「電解液が(希硫酸)が悪用される可能性がある」とのこと。
悪用する気なら注入されても、抜けば良いだけですので何の意味も無い通達ですが・・・

なお、現在でも販売店が毒劇物の指定を受けていれば、毒劇物取扱者の立会いのもと、注入せずに販売することが可能なはずです。
その場合、身分証明書と判子が必要になっているかもしれません。
Posted by 神崎 at 2012年10月28日 11:17
神崎さん、初めまして!

電解液についてご教示いただき、本当にありがとうございました。
こんなものを悪用する人がいるんですねぇ。

リード100の画像を探していらっしゃったようですが、こんな汚い
車体ですみませんでした(笑)

Posted by サスケ at 2012年10月28日 22:06
サスケさん、こちらこそ初めまして・・・すみません挨拶も抜けておりました。

知人のほったらかしリード100を少し触ろうと、とりあえずリアタイヤとブレーキフルードだけ交換しました。
画像を拝見させていただいて、バッテリーの位置を確認できました。知人は「たぶん足元じゃ?」と探してましたが(^^;;;
自分のJOG90なら分かるんですけどね。

なお、悪用と言うと大げさに聞こえますが、「他人に希硫酸をかけたら火傷するんじゃね?」とか
「素人が触ると(自分が)火傷するんじゃね?」みたいな話を国が今頃してるだけで、希硫酸を濃硫酸と同じ扱いにしただけですよ。

当然、販売店もメーカー(あるいは問屋)から希硫酸を注入しないで仕入れてますので、そこ(メーカーや問屋)が毒劇物の指定があるかないかだけです。
注入せずに売る通販会社の中には「身分証明書のコピー」を返送させている会社もあるようです。
Posted by 神崎 at 2012年11月08日 09:40
神崎さん、ども!

僕もたまたまメーターケーブルを換えた時にバッテリーを発見したので(笑)
スクーターってほとんど外装でカバーされているのでホントにわかりづらいです。

電解液についていろいろと教えていただいて、本当にありがとうござました。
Posted by サスケ at 2012年11月11日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。